ニュース

川相氏がショートに転向して苦労したこととは…

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める川相昌弘氏
 19日に放送された『高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク』の『守りの名手』というコーナーに、今年からニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める川相昌弘氏が出演。プロ入り後、ショートにコンバートして苦労したことについて明かした。

 川相氏は岡山南高校時代は投手を務めていたが、プロ入り後にショートに転向。「一番最初の手で転がしてもらったボールを細かいステップを使って、捕る形を取る。このステップがまずできなかったです」とかなり苦労したという。

 「ただ捕れといわれれば、当然野球をやってきたからできるんですけど、内野手としてのステップでボールを捕りにいって、形を作って捕るということがまず最初はできなかったです」と当時を振り返った。

 厳しい練習を重ね、ショートのレギュラーを勝ち取り、現役時代は6度ゴールデングラブ賞を受賞する名手へと成長した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM