ニュース

西武の秘密兵器になるか…2メートル右腕・リャオが入団会見

無断転載禁止
入団会見に臨んだ廖任磊(リャオ・レンレイ)

「声かけていただき感謝」


 西武は24日、巨人から戦力外となった廖任磊(リャオ・レンレイ)投手(25)の入団会見を行った。背番号は「50」に決定している。

 リャオは台湾出身の25歳右腕。201センチ・125キロと恵まれた体格から放たれる力強いボールが最大の魅力だ。出身は台湾も高校時代は岡山県共生高で過ごし、卒業後は海を渡ってアメリカへ。パイレーツ傘下のルーキーリーグでプレーした後は、母国・台湾に戻って開南大に進学。アジア・ウインターリーグに台湾アマ代表の一員として参戦し、活躍を見せた。

 日本の高校に3年間通っていた経歴からNPBのドラフト対象選手となり、2016年のドラフト会議で巨人から7位指名を受けて日本のプロ野球へ。異色の経歴から秘密兵器として注目を浴びたが、2年間のプレーで一軍登板がないまま、このオフに自由契約となっていた。

 高校時代を日本で過ごしていたこともあって、会見は通訳なしのオール日本語。「戦力外となってトライアウトを受けて、一番早く声をかけていただいた。感謝しています」と入団に至った経緯を説明し、「西武は台湾でも人気のチームです。早くチームに貢献できるよう頑張りますので、応援お願いします」と意気込みを語った。

 本人も「力強い球と、強気で打者と勝負していくところ」がストロングポイントと語るように、まずはリリーフとしての活躍に期待がかかる。会見に同席した渡辺久信GMも「即活躍してほしいという想いはありますし、今年戦力になっている可能性はあると私は思っています」と期待を寄せており、新天地での大化けに期待がかかる。


廖任磊(リャオ・レンレイ)

・ポジション:投手
・生年月日:1993年8月30日(25歳)
・出身地:台湾
・投打:右投右打
・身長/体重:201センチ/125キロ


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西