ニュース

井端氏が語る中日と巨人のキャンプの違い

無断転載禁止
現役時代の井端弘和氏
 27日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 球春到来 プロ野球・キャンプの歩き方〜沖縄編〜』に出演した井端弘和氏が、現役時代にプレーした中日と巨人のキャンプの違いについて語った。

 井端氏は中日で16年、巨人で2年選手としてプレー。中日の春季キャンプは「(練習の)終わりが決められていないので、比較的に自分のペースで練習ができましたね」と時間を気にすることなく練習できたという。

 一方で巨人の春季キャンプは「練習の終わりが決められていた。そこまでに自分がやるべきこと、やりたいことを終わらせなければいけないので、間をテキパキ動かないと(練習が)消化できない」と語る。

 両球団を経験した井端氏は「(練習量は)それほど変わらないですし、自分のペースでやると休憩時間も長いですから、僕はせっかちなのでジャイアンツの方がよかったですね」と巨人の練習が合っていたようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM