ニュース

楽天・今江が目の病気で離脱へ…『右眼球中心性漿液性脈絡網膜症』と診断

無断転載禁止
楽天の今江年晶

プロ18年目のシーズンを前に…


 楽天は30日、今江年晶選手(35)が『右眼球中心性漿液性脈絡網膜症』と診断されたことを発表。今後については「状態を見てチームの合流タイミングを図っていく」としている。

 18年目のシーズンを前に、ベテラン内野手をアクシデントが襲った。『中心性漿液性脈絡網膜症』は網膜の中心部にある“黄斑”に水ぶくれができる病気で、症状としては視野の真ん中が見えにくくなったり、視界が歪んで見えたり、違った色に見えたりといった異変をきたすものだという。

 日本眼科学会のホームページによれば、自然に治ることもある病気とのこと。球団も現時点では「様子見」としており、具体的な復帰時期なども未定となっている。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西