ニュース

巨人・宮本和知コーチが語る今季の投手陣の目標とは?!

無断転載禁止
左から松本秀夫アナウンサー、巨人・宮本和知コーチ、草野満代さん
2月5日放送の「草野満代 夕暮れWONDER4」で、読売ジャイアンツの一軍投手コーチをつとめる宮本和知さんに話を聞いた。

2月1日から始まったプロ野球・宮崎キャンプ。番組では連日、監督や選手、そしてグルメ情報なども交え、さまざまな角度から掘り下げている。

2月5日(火)は、巨人の宮本和知投手コーチに話を聞いた。

まずは宮本コーチが語る投手陣のムードメーカーについて。自身も現役時代、ムードメーカー的なポジションだった宮本コーチは、2017年ドラフト1位の鍬原拓也投手(22才)を挙げた。

宮本「彼はよく話しますし、すごく素直でいいですよ。鍬原は抑え候補ですから。畠 世周(投手)は天然だね。僕と初めて会ったとき、『宮本さん、コーチのオファー、いつあったんですか?』って聞いてきて。それは聞いちゃいけないことだろと(笑)逆に小さいことを気にしない選手なのかなぁとは思いますね。」

さらに、今年の巨人軍の投手陣について。エースの菅野智之投手の様子を含めて、こう話した。

宮本「菅野智之をブルペンで見ていると・・・シビれるね。こんなに凄いんだっていう。野球界にこんな選手がいるのかっていうね。ほかにも今年の巨人は、岩隈、山口…などなど、投手のメンバーはホントに凄いですよ。」

最後に2019年シーズンの展望について聞いた。

宮本「今年、打者は“1ゲーム5点とる!”って言ってくれてるんですよ。なので、それに甘えることなく、投手陣は“3点以内におさえる”ことを目標にやっていますよ」
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM