ニュース

ソフトBドラ1・甲斐野が感じたプロのスゴさとは…

無断転載禁止
ソフトバンクのドラフト1位ルーキー・甲斐野央 (C)KYODO NEWS IMAGES

メラメラ燃えているような…


 ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野央が、プロのスゴさについて語った。

 キャンプがスタートして5日以上経過したが、「誰がスゴいというよりも、みんなスゴい。アマチュアと比べても、プロというのは雰囲気が全然違います。アマチュアは熱い、プロは内に秘めた気迫がスゴい。みんなメラメラ燃えているような気迫が伝わってきます」と、プロのスゴさを肌で体感している最中のようだ。

 また「真っすぐの質をあげていきたい」と、今キャンプではストレートの精度をあげることを意識している。

 具体的には「ファウルが取れるような精度で投げたい」と話し、「とにかく一軍で、まずは1イニングを投げきること。しっかりとそこを目指してやっていきたい」と明確な目標を掲げ決意を述べた。


(取材=ニッポン放送アナウンサー・大泉健斗)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM