ニュース

燕ドラ8・吉田大成、紅白戦で大暴れ 輝星のように「僕も有名に」

無断転載禁止
紅白戦の2回裏、紅組先発の大下から右前打を放つ8番・吉田

平成最後のドラフト、支配下ではラスト指名


 ヤクルトのドラフト8位・吉田大成内野手(明治安田生命)が7日、初実戦となる紅白戦で2安打を含む3出塁デビューを飾った。

 吉田は白組の「8番・二塁」で出場。2回裏、二死無走者の場面で紅組先発・大下の2球目を振り抜くと、打球は一、二塁間を破る右前打となった。続く塩見の打席では大下にプレッシャーをかけボークを誘発。ひとりで二死二塁の好機を作り出した。

 4回の第2打席は、荒れ気味だった2番手・中尾から四球を奪取。6回の第3打席は3番手・田川と対戦し、ここでもファーストストライクを積極的に叩き、打球は右翼線を突破する二塁打となった。打順が一巡し、再び田川との対戦となった第4打席も2球目を強振。これは惜しくも一直となったが、試合を通じて非凡なミート力をアピールした。

 初実戦で3打数2安打1四球と結果を出し、「初球からどんどん自分のスイングをしようと思っていた。結果につながってよかった」と吉田。小川監督も「シャープなバッティングだった」と称えた。

 昨秋のドラフト会議では、支配下登録選手の中で最後に指名されたが、「下はいないので上がっていくだけ」と前向き。今キャンプでは日本ハムのドラ1・吉田輝星が注目されているが、「(名前が)似ているので、僕も彼みたいに有名になれるように頑張ります」とはにかんだ。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西