ニュース

初実戦で勝ち越し弾も…虎のドラ3・木浪の自己評価は「70点、80点」

無断転載禁止
笑顔でキャンプ地入りした阪神のルーキー(左が木浪) (C) KYODO NEWS IMAGES

勝ち越し3ランを放った木浪


 阪神の宜野座キャンプは7日が第2クールの最終日。この日は今キャンプ初の紅白戦が実施され、期待のルーキーがプロ入り後初の実戦に臨んだ。

 この日大きなインパクトを残したのが、ドラフト3位で入団した木浪聖也。24歳の内野手は紅組の「7番・三塁」でスタメン出場すると、第1打席で犠打を一発成功。以降の2打席は凡退となるも、7-7の同点で迎えた6回の第4打席で守屋功輝からライトスタンドへ豪快な一発。実戦での初安打が勝ち越し3ランとなった。

 木浪は初の実戦を振り返り、「緊張していたんですけど、結果も出たのでちょっとホッとしました」と笑顔。値千金の本塁打については「たまたまです」と振り返る。

 第1打席の犠打については、「チャンスがあれば実戦でやってみたいと前の日から思っていた」ことを明かし、「打つだけではなく、バントもできるというところを見せたかった。しっかり決まったのでホッとしました」と狙い通りの成功に胸をなで下ろした。

 また、第4打席の本塁打については、「前の打席で高めで三振していて、今度は変化球というか落ちる系のボールを準備していました」としながらも、打ったのはインハイの直球。かんたんなボールではなかったが、「インコースへ強い球を投げていたので、それも頭に入れながらというところで、うまく反応で回ることができました」とコメント。対応力の高さも見せつけた。

 決勝弾については、矢野監督も「練習から振り切ることができていたので、外野の頭を越える打球というのは十分打てると思っていました」としつつも、「難しいボールでしたけど、反応であそこまで飛ばせるというのは魅力。ホームランバッターではないですけど、ツボにハマればああいうのもある、というのは新たな魅力でしたね」と喜んでいた。

 それでも、初実戦を終えての本人の自己評価は「70点、80点くらいですかね……」と控えめ。「まだ打球がちゃんと飛んできていないので、打球をしっかり捌ければもう少し上がったかなと」と守備でのアピールができなかった点を挙げる。

 最後も「今日は結果が出ましたけど、これからも出るとは限らない。しっかり練習をして、次も結果を出せるようにしたい」。初本塁打に浮かれる様子は微塵も見せず、開幕に向けた長いレースを見据えていた。


(取材=ニッポン放送アナウンサー・洗川雄司)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM