ニュース

虎のドラ1・近本は初安打も“悔しい”初実戦「したいことができなかった」

無断転載禁止
笑顔でキャンプ地入りした阪神のルーキー(中央が近本) (C) KYODO NEWS IMAGES

初安打を放つも…


 阪神の宜野座キャンプは7日が第2クールの最終日。この日は今キャンプ初の紅白戦が実施され、期待のルーキーがプロ入り後初の実戦に臨んだ。

 ドラフト1位で入団した近本光司は紅組の「2番・中堅」で先発出場。第3打席で安打をマークするなど、3打数1安打・1四球とまずまずの活躍は見せたが、本人は「自分のしたいことができなかった」と課題を口にした。

 近本は社会人・大阪ガスから加入した24歳の外野手。プロでも即戦力と評価の高かった脚力を武器に、昨夏の都市対抗野球では打率.524をマークしてチームの初優勝に貢献。MVPにあたる橋戸賞を受賞するなど、1年目から活躍が期待されるルーキーのひとりである。

 その片鱗を見せたのが第1打席。何でもない二塁ゴロでアウトにはなったものの、内野陣にプレッシャーを与える快足ぶりを披露。矢野監督も「ただの内野ゴロでもセーフになる可能性がある足を見せてくれた」と評判通りの脚力に目を細める。

 3回には無死一塁の場面で引っ張りを狙い、見事に一二塁間を抜く安打で一・三塁のチャンスを作った。ところが、センスの高さを発揮した半面、安打の直後には牽制で逆を突かれて飛び出してしまい、挟殺プレーでアウトに。ほろ苦い経験も味わった。


 初めての実戦を振り返り、「自分のしたいことができなかった」と悔やんだ近本。具体的には「初球から盗塁をするだとか、ファーストストライクから振っていくだとか、そういったことができなかったのは心残りです」と反省点を口にする。

 初安打に関しては、「一死一塁という場面で、一塁走者が上本(博紀)さんだったのでスチールもあるかなと思いながら、内のコースに来たのでしっかりと引っ張って一・三塁を作ることができた」とし、「安打という結果よりも、狙い通りにチャンスを広げられたことが嬉しかったです」と振り返った。

 一方で、その直後の牽制死については、「やっぱり初球で走れなかったというところで、スタートが切れるなと思って行ったら逆を突かれてしまった。もともと塁に出たらどんどん走ろうと思っていたので、もっと準備できていれば…」と悔しさをにじませる。

 それでも、第2クールを終えて「実戦だったり投手の球を打つ機会が増えてきて、今までやってきたことが少しずつできてきている」と前向きなコメントも。「次からは結果も気にしていかないといけないので、自分がやりたいことと、結果というのを合わせていきたいです」と第3クール以降に向けた意気込みを語った。


(取材=ニッポン放送アナウンサー・洗川雄司)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM