ニュース

ヤクルト高梨、紅白戦で2回0封 ハム時代に新人王、ローテ定着へ「いい状態」

無断転載禁止
紅白戦に先発したヤクルト・高梨

テンポよく、最速147キロをマーク!


 ヤクルトの高梨裕稔投手が9日、実戦初登板となる紅白戦に先発し、2回を1安打2奪三振無失点に抑えた。

 昨年12月に日本ハムからトレードで加わった2016年のパ・リーグ新人王。新天地での実戦初マウンドに「緊張しました」と話したが、立ち上がりから力強い真っ直ぐをバンバン投げ込み、最速147キロをマーク。2回は5番・広岡、6番・松本を連続三振に仕留めるなど、3者凡退に抑えた。

 三塁コーチを務めていた河田外野守備走塁コーチから、「テンポがいいね、テンポが!」と称えられ思わず笑み。2回を投げ、許した安打は3番・荒木に浴びた中前打のみ。安定感抜群だった。

 高梨は試合後、「打者に向かってしっかり投げられたのが一番の収穫。(日本ハム時代の)去年、一昨年は良い真っ直ぐが投げられなかったが、そのときに比べるといい状態」と話した。ただ、変化球は抜け球が多く、本人も「精度がまだまだ」と反省。それでも、真っ直ぐに手応えを感じたようで、表情は明るかった。

 新天地で復活を期す右腕は「過去に戻すのではくキャリアハイを目指したい」とキッパリ。「スワローズの優勝に貢献できるように、いいピッチングを1年間やり続けたい」と力を込めた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西