ニュース

ヤクルト星、紅白戦で2回無失点 ローテ争い勃発も「まずは自分の投球」

無断転載禁止
紅白戦に登板したヤクルト・星

「今年はケガせず1年間投げる」


 ヤクルトの星知弥投手が9日、紅白戦で2回1安打2奪三振無失点の好投を見せ、先発ローテ入りをアピールした。

 星は紅組の2番手として3回から登板。先頭で迎えた打者は、明大時代の同期でドラ8新人の吉田(明治安田生命)。かつての戦友に追い込んでから粘られたが、最後は変化球をゾーンに収め見逃し三振を奪った。続く西浦には中前打を許したものの、その後は三ゴロと捕手・中村の盗塁阻止で最初の回をゼロで終えた。

 4回は5番・広岡から空振り三振を奪うなど、テンポよく3者凡退。星は初の実戦登板を2回無失点で終え、「変化球が抜けたり反省する点はあったが、とりあえず最初の実戦をゼロに抑えられてよかった」と試合後に話した。

 この日は、前に投げた紅組先発・高梨、白組先発・原もそれぞれ2回を無失点。7日の紅白戦でも、大下、寺島が2回を無失点に抑えるなど、若き先発候補たちがアピール合戦を繰り広げている。

 それでも、「まずは自分の投球をしようと心がけている」と星。「去年、一昨年とケガをして、シーズンをフルで投げられていない。今年はケガせず1年間投げることと、規定投球回を目指したい」と話した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西