ニュース

DeNA中井、実戦初打席で初安打初打点! ラミレス監督「とても嬉しい」

無断転載禁止
紅白戦の1回裏に先制の適時二塁打を放つDeNAの中井大介

ファーストスイングで痛烈二塁打!


 巨人を戦力外となり、今季からDeNAに加わった中井大介内野手が11日、チーム初実戦となった紅白戦に「4番・一塁」で先発出場し、初打席でいきなり初安打初打点をマークした。

 白組の中井は1回裏、二死二塁の好機で打席に入り、紅組先発・中川虎の初球を強振。完璧に捉えた打球は左中間を真っ二つに破り、これが先制の適時二塁打となった。二塁ベースに到達すると思わず笑み。その後の2打席は空振り三振と三ゴロに倒れたが、ファーストスイングが見事な先制打。会心の“新天地デビュー”を飾った。

 ラミレス監督は中井の活躍について、「とても嬉しい」と笑顔。現時点での起用法については「いろんなポジションを守れるし、使い勝手がいい。ユーティリティー的な役割」と話したが、「(チームに)アクシデントなどがあれば、毎日出ることもあり得る」と期待を寄せた。

 試合(6イニング制)は一軍メンバーで臨んだ白組が、二軍中心の紅組に4-2で勝利。ラミレス監督は「全体的にピッチャーが良かった。いい試合だったし、いい形で第2クールを締めくくることができた」と話した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西