ニュース

DeNA神里が特大の”チーム1号弾” ラミレス監督「筒香かと思った」

無断転載禁止
紅白戦の5回裏に特大の右越えソロを放つDeNAの神里和毅

2番・桑原は四球後即二盗、中井の適時打呼ぶ


 沖縄出身のDeNA・神里和毅外野手が11日、チーム初実戦となった紅白戦で特大の“チーム1号”本塁打を放った。

 神里は一軍キャンプメンバーで構成された白組の「1番・右翼」でスタメン出場。第1打席は見逃し三振、第2打席は空振り三振に倒れたが、5回の第3打席は紅組・寺田のファーストストライクを強振。完璧に捉えた打球は右翼席後方の防護ネット中部付近を直撃した。

 神里は地元ファンの大歓声を受けながらダイヤモンドを一周。ラミレス監督は「筒香が打ったんじゃないかと思うほど大きなホームランだった」と語り、2年目外野手の一発を称えた。

 同じ白組の2番には桑原が入り、こちらは初回に四球を選んだあと、すかさず二盗に成功。ひとりでチャンスを作り、4番・中井の先制適時二塁打を呼び込んだ。

 外野のレギュラーを争う桑原と神里。指揮官は「しばらくこのふたりは、試合に出て競っていく形になる」と話し、ハイレベルな競争に期待を寄せた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西