ニュース

ロッテ・成田、直球に手応え

無断転載禁止
ストレートに確かな手応えを掴んだロッテ・成田翔
 ロッテの成田翔は、ストレートに確かな手応えを掴んでいる。

 プロ1年目から地道に取り組んできた体作りで、3年間で約10キロ増となる79キロまでアップした成田。体に見合った投球フォームにするため、このオフから一旦“ヒールアップ”を封印し、新しい投球フォームに取り組んでいる。

 その狙いは、「ヒールアップをやめたぶんだけ下を使うことを考えているので、押し込みというか、強さを出そうとしています」と直球の質を改善させるためだ。

 成田は「(球に)強さが出てきたと思う。自信もありますし、真っすぐをアピールしていきたいと思います」と自主トレ期間中に話していたが、春季キャンプが始まり実戦形式の練習が増えてきたなかで、再び話しを聞いてみると、「(球に)強さとかはあるんじゃないですかね。前に飛ばされてもフライアウトが多い。その分、ホップ率だったり、そういうのは出ているのかなと。手応えはあります」と好感触を得ているようだ。

 成田が話しているように、1日の紅白戦は3つのアウトを全てフライアウト、4日のシート打撃も打者6人に対し、フライアウトが4つ。フライでアウトを奪う確率が高くなっている。

 ストレートのスピードは「そんなに変わっていない」とのことだが、「打者からみて『速くなったね』と言われるので、出ている球速以上にやっぱり打者の手元では伸びているのかなと。横から見ていてもそう感じてくれているということは、キレであったり変わってきているのかなと思います」とストレートの“質”は昨季に比べてかなり上がっている。

 変化球については「真っすぐが強くなってきましたし、決め球はスライダーだと思っています。まずはこの2つを軸にして、この2つでしっかり抑えられるように練習していきたいと思います」と現時点ではスライダーを勝負球にする考え。

 13日から一軍は沖縄遠征が始まる。一軍メンバー入りした成田は、開幕一軍入りに向けてここからが本当の意味での勝負だ。「体重移動もしっかりできていますし、(球の)重さの部分だったり、ラミゴ戦も投げていて前に飛んでいなかったというのは正直あります。これを沖縄遠征にいってから続けていければいいかなと思います」。ロッテは昨季左投手の白星が12球団ワーストの4勝とかなり手薄。成田が一軍で投げられる計算が立てば、チームにとってかなり大きい。そのためにも実戦で、しっかりとアピールし開幕一軍の切符を掴みたいところだ。

取材・文=岩下雄太
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西