ニュース

DeNAの“新戦力”中井と古村が上々の再デビュー「自分を見失わない事を」

無断転載禁止
上々の再デビューを果たしたDeNA・古村徹 [写真=萩原孝弘]

“出戻り左腕”が躍動


 沖縄で春季キャンプ中のDeNAは16日、浦添でヤクルトとの練習試合に臨み5-3で勝利した。

 DeNAの先発は期待の大型右腕・阪口皓亮。しかし、先頭打者にヒットを許すと、盗塁、四球に、自らの牽制悪送球も絡んでピンチを広げてしまう。さらに自身と同じ高卒2年目のヤクルト・村上宗隆にライトフェンス直撃の二塁打を打たれて2点を失う苦しい立ち上がり。2回は死球による出塁があったものの、ここは無失点に抑えてマウンドを降りた。ストレートは最速147キロを記録したが、制球面に課題を残す内容となった。

 続く石田健大が2イニングを無失点に抑え、その後を受けた濱口遥大が2回1失点。濱口はコントロールが定まらず苦しいピッチング内容だったが、三上朋也、山崎康晃といったリリーフ陣が共に1イニングを危なげなく抑えた。

 最終回は注目の“出戻り左腕”古村徹が登場。味方の失策により走者を許すも、最速143キロのストレートとスライダーを軸に無失点で切り抜ける上々の再デビューを飾った。古村は「ブルペンからメチャメチャ緊張しました。マウンドも合わなくて苦労しましたが、前回のフリーバッティングで4四死球を出してしまった反省を生かし、カウントが悪くなっても自分を見失わない事を、心の片隅ではなく、ど真ん中に置いて投げたのが良かった」と、ホッとした表情で振り返った。


指揮官「今年はアグレッシブに」


 打線は2回、新加入のヤクルト先発・高梨裕稔から、同じく新加入の中井大介がストレートをレフトにホームラン。現状では代打での起用が見込まれている中井は「結果よりも、ワンスイングで捕らえられたことが良かった。これからも与えらたところでチームにプラスになれるように」とフォア・ザ・チームを強調する。4回には、ヤクルトの2番手・星知弥からロペスがレフトへ豪快な一発。1点ビハインドの7回には、代わったばかりの近藤一樹から、宮本秀明、倉本寿彦らのタイムリーなどで3点を奪い、試合をひっくり返した。

 ラミレス監督は「勝ったことはもちろん気持ちいいが、良い面も悪い面もあった」と冷静にコメント。その一方で、走塁面で積極的な姿勢が目についたことを問われると「今年はアグレッシブな野球をしたい。それが出せたのでは」と手応えを口にした。

 新戦力の中井に対しては「ベリーグッド!インパクトを残した」と評価し、明日の“古巣”巨人戦でも「5番サード」でスタメン起用することを明言。同じく新加入の古村に対しても「久しぶりのマウンドでもナーバスにならず、スピードも悪くない。1イニングなのか2イニングいけるのか、見定めて決める」と高評価を与えた。

 昨オフの補強は前述の2人だけだったDeNAだが、その2人が揃って結果を出すことに成功。練習試合とはいえ、上々のスタートをきったと言えるだろう。


【浦添】ヤクルト-DeNA
De|010 100 300|5
ヤ |200 001 000|3

▼ ヤクルトのスタメン
(中)塩見
(二)太田
(三)村上
(指)バレンティン
(左)荒木
(遊)西浦
(一)廣岡
(捕)中村
(右)山崎
継投:高梨(3回)-星(3回)-近藤(2/3)-田川(1/3)-石山(1回)-蔵本(1回)

▼ DeNAのスタメン
(中)桑原
(右)神里
(二)ソト
(一)ロペス
(三)中井
(捕)戸柱
(左)細川
(遊)大和
(指)楠本
継投:阪口(2回)-石田(2回)-濱口(2回)-三上(1回)-山崎(1回)-古村(1回)


取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)
―――――――
※訂正
ソト選手の表記に誤りがございました。訂正してお詫び致します。大変失礼致しました。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西