ニュース

日本ハムのドラ5・柿木は“三凡”デビュー!「歓声嬉しかった」

無断転載禁止
紅白戦に先発した柿木

上々のデビュー!


日本ハムは16日に沖縄・国頭で一軍・二軍合同の紅白戦を行い、いきなり期待の高卒ルーキー2人が先発。ドラフト1位の吉田輝星とドラフト5位の柿木蓮という昨夏の甲子園・決勝戦の再現を見届けようと多くのファンが詰めかけた。

 1回表の吉田のマウンドを見て、裏のマウンドに登った柿木。1番の浅間大基に対しては高めの速球でバットをへし折り、先頭を中飛に斬って取ると、つづく松本剛も二ゴロに打ち取り、3番・王柏融も一ゴロに斬って三者凡退。わずか11球で無安打・無失点に抑える上々のデビューを飾った。


吉田と「切磋琢磨して…」


 高校時代からどんな大舞台でも飄々と投げ込む落ち着きぶりが印象的だが、「緊張はありました」と意外なコメント。「試合という雰囲気の中で、ストライク先行でどんどん行けたことは良かった」としながらも、「追い込んでからの細かいコントロールがアバウトなところもあったので、そこは今後の課題です」と浮かれることなく気を引き締める。

 紅白戦とは思えないほどの多くの観客が詰めかけたなか、「抑えることができてホッとしていますし、歓声が嬉しかったです」と初マウンドを振り返り、「(吉田)輝星の後だったので気合を入れていくことができました。そこはプラスになったかなと」と同期のドラ1への対抗心も味方につけた。

 今後については、「自分のアピールポイントを出して、一軍に少しでも近づけるように頑張りたい」。引き続き注目を集めることが予想される吉田との関係についても、「いずれはファイターズを引っ張っていけるようになりたい。2人で切磋琢磨してやっていきたい」とした。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西