ニュース

ヤクルト寺原、2回無失点も2四球反省「連発はやっちゃいけない」

無断転載禁止
中日との練習試合、3回から2番手として登板したヤクルトの寺原

「セットポジションになってからバラつき」


 ヤクルトの寺原隼人投手が17日、中日との練習試合に2番手として登板し、2回を無安打無失点に抑えた。

 昨オフにソフトバンクを戦力外となり、今季からヤクルトに加わったベテラン右腕。これが今キャンプ初の対外試合のマウンドで、3回表に名前がコールされると、「ANA BALLPARK浦添」に集まったファンから大きな拍手が送られた。

 最初の回は1番・京田、2番・亀沢、3番・福田との対戦で、いずれも内野ゴロに仕留めテンポよく3者凡退。2イニング目の4回も先頭のモヤを空振り三振に仕留めたが、ここから5番・高橋、6番・阿部に連続四球を与えた。

 一死一、二塁としたが、7番・井領を中飛に退けたあと、8番・杉山は空振り三振。ピンチを招きながらも、予定していた2イニングを無安打無失点、2奪三振2四球の内容で終えた。

 右腕は降板後、「緊張しました」と安堵の表情を浮かべたあと「今日の反省はフォアボール連発。1つ出しても、次のバッターには(出すな)と言われていた。やっちゃいけないこと。セットポジションになってからバラつきもあったし、修正しないといけない」と反省点を挙げた。

 それでも、「フォームもいい感じで投げられたし、ボールもだいたい思ったところに投げられた」と手応えも口に。今後へ向け「チャンスをいただいている。結果を出すことしか頭にない」と気を引き締めた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西