ニュース

メキシコ戦に挑む侍ジャパンメンバー・各選手のコメント

無断転載禁止
侍ジャパン・稲葉篤紀監督

3月9日からメキシコと2試合


 野球日本代表・侍ジャパンの稲葉篤紀監督は18日、「ENEOS 侍ジャパンシリーズ 2019」(3月9日・10日/京セラドーム大阪)に挑む日本代表メンバーを発表した。

 秋には初優勝を目指す「プレミア12」が控え、チーム発足からの大目標である東京五輪が1年後に迫っているということでこれまで以上に重要な一年となる2019年。稲葉監督はその初陣となるメキシコとの試合に向けて、28名のうち11名がトップチーム初選出というフレッシュなメンバーを招集した。

 選出メンバーのコメントは以下の通り。


投手


▼ 梅野雄吾(ヤクルト)
選出していただき大変嬉しく思います。
今までやってきたことを、マウンドで強く表現できるように全力投球します。
応援よろしくおねがいします。


▼ 山岡泰輔(オリックス)
年齢制限のないトップチームの代表に
選んでいただいたことは初めてですし、
なかなかできない経験なので、
その経験をいいものにできるように頑張ります。


▼ 原 樹理(ヤクルト)
今回、選出していただいて大変光栄に思います。
侍ジャパンのユニフォームに袖を通すのは学生時代もなく、
はじめてのことで今から身の引き締まる思いです。
若手中心とはいえ、
ユニフォームに恥じないよう一球一球全力で挑みたいと思います。


▼ 松永昂大(ロッテ)
侍ジャパンに選出いただき光栄です。
純粋にメキシコ代表との対戦を楽しみに頑張りたいと思います。


▼ 山崎康晃(DeNA)
選ばれたことを素直に嬉しく思います。
日本のトップチームの一員として、
自覚と責任感を持ってプレーしたいです。
自分の持っている力を余すことなく発揮し、
全力投球で海外のトップチームに通用するか試したいと思います。


▼ 今永昇太(DeNA)
選出していただき大変光栄に思います。
侍ジャパンに選ばれたことは横浜DeNAベイスターズの代表でもあるので、
しっかりと求められたところで結果を出して、
チームの勝利に少しでも貢献したいです。
トップクラスの選手が集まると思いますので、
投手だけではなく打者の方々の考え方などを
聞ける貴重な機会にしたいと思います。


▼ 高橋 礼(ソフトバンク)
自分の投球テンポや持ち味を出せるように、
昨年の日米野球の経験も生かしながら、
思い切って投げたいと思います。


▼ 三上朋也(DeNA)
選んでいただき非常に光栄です。
日本のトップレベルの選手との交流や、
海外の選手と対戦することはとても貴重な経験になると思います。
責任感を持って、
トップチームに恥じないプレーを見せたいと思います。


▼ 森 唯斗(ソフトバンク)
まさか自分が選ばれるとは思っていませんでした。
選ばれて恥の無いように、
思いっきり腕を振って貢献できるようにがんばります。


▼ 山本由伸(オリックス)
選んでいただき、とても光栄ですし、嬉しいです。
チームの代表として、
日本の代表として恥ずかしくないピッチングができるように頑張ります。


捕手


▼ 小林誠司(巨人)
すごく光栄で感謝の気持ちでいっぱいです。
日本の野球に貢献できるように精一杯頑張ります。


▼ 田村龍弘(ロッテ)
選出いただきとても光栄です。
日本のトップ選手と一緒にプレーできる機会なので
色々なことを吸収して、今シーズンに活かせるように頑張りたいです。


▼ 甲斐拓也(ソフトバンク)
昨年に引き続き選んで頂いてとても光栄に思います。
2試合限定の試合ですが、
何か一つでも吸収出来るように精一杯頑張りたいです。


内野手


▼ 京田陽太(中日)
選んでいただいて光栄に思います。
選ばれたからには自覚と責任を持ってプレーしたいと思いますし、
ドラゴンズの看板を背負って出るので、
一生懸命頑張りたいと思います。


▼ 吉川尚輝(巨人)
どんどんアピールしていきたいです。
自分の持ち味を出せるように頑張ります。


▼ 大山悠輔(阪神)
昨年に引き続き選出いただき、非常に光栄です。
昨年は素晴らしいメンバーの中、
とても良い経験をさせていただきましたが、
試合では結果を残せませんでしたので、
今年はしっかり結果も残した上で、
今後の成長に繋がることを色々と吸収したいと思います。


▼ 清宮幸太郎(日本ハム)
プロ野球選手として侍ジャパンに初めて選出されたことを
とても光栄に思います。
選手としてはまだまだ未熟ではありますが、
日本代表の一員として日の丸を背負う以上、
チームの為に全力でプレーします。
チームメートには偉大な先輩方がいるので、
負けないよう、必死に戦います。


▼ 中村奨吾(ロッテ)
今回選出いただきありがとうございます。
色々な選手のプレーを見て勉強して、
シーズンに繋げられるような時間が
過ごせたらいいなと思います。


▼ 岡本和真(巨人)
選ばれたことに感謝していますし、大変光栄です。
自分の持ち味を出せるように精一杯がんばります。


▼ 村上宗隆(ヤクルト)
侍ジャパンに選んでいただいて大変光栄に思います。
ありがとうございます。
侍ジャパンのユニフォームは初めてですし、
若手選手の中でも更に若い方だと思いますので、
若さを前面に出して、稲葉監督の力になれればと思います。

▼ 大城滉二(オリックス) ※3月4日に追加招集
野球をしている間に一度は入ってみたいと思っていましたし、選んでいただき光栄に思います。
嬉しいというより、今は驚きの方が大きいですね。
ミスを恐れず、“走・攻・守”全てにおいて積極的に自分のプレーをしたいと思います。
日本のトッププレーヤーが集まりますので、いろいろな人から話を聞いて、吸収できることをどんどん吸収したいです。


外野手


▼ 田中和基(楽天) ※3月4日に出場辞退
再び日本代表に選んでいただき大変光栄です。
この機会を無駄にすることなく、
たくさんのことを学びしっかりと吸収してシーズンに臨みたいと思います。
前回の日米野球の経験を生かして
チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。


▼ 吉田正尚(オリックス)
今の自分の力を最大限に発揮し、ベストを尽くします。
本拠地・京セラドーム大阪での試合ですし、
いいところをお見せできるように頑張ります。


▼ 野間峻祥(広島)
選んでいただき光栄です。
まずは自分のプレーを全力で出し切りしっかりアピールしたいです。
そしてこの貴重な経験を今後にも行かせていけるように頑張ります。
ファンの皆様応援よろしくおねがいします。


▼ 上林誠知(ソフトバンク)
昨年の日米野球など、連続して選んでいただいてありがたく思います。
2試しかありませんが、シーズンに向けて得るものがあればいいなと持っています。


▼ 近藤健介(日本ハム)
良い選手がたくさんいる中で選んでいただき、とても光栄です。
貴重な経験になると思います。とても楽しみです。
チームの勝利はもちろんですが、個人的にも成長できるように頑張りたいです。


▼ 西川遥輝(日本ハム)
まずは、代表チームに選出していただいたことに感謝したいです。
(侍ジャパン選出は)はじめてのことなので、
日の丸を背負う責任を感じると思いますし、
やるからには、チームの勝利に貢献したいと思っています。
このチャンスをモノにできるよう頑張ります。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西