ニュース

「五輪以降にもつながるチームの底上げ」を…侍J・稲葉監督の想い

無断転載禁止
侍ジャパン・稲葉篤紀監督

「選手を試す最後のチャンス」


 野球日本代表・侍ジャパンの稲葉篤紀監督は18日、「ENEOS 侍ジャパンシリーズ 2019」(3月9日・10日/京セラドーム大阪)に挑む日本代表メンバーを発表した。

 秋には初優勝を目指す「プレミア12」が控え、チーム発足からの大目標である東京五輪が1年後に迫っているということでこれまで以上に重要な一年となる2019年。稲葉監督はその初陣となるメキシコとの試合に向けて、28名のうち11名がトップチーム初選出というフレッシュなメンバーを招集した。


 稲葉監督は2019年の初陣に向けて、「東京五輪の本番を来年に控えた今年は、前哨戦であるプレミア12を見据えながらチームを作ることをテーマにしました」と説明。つづけて「本番までに不測の事態や想定外のことが起きる可能性もあると考え、このメキシコ戦は私の選択肢を増やすためにも、まだ見ていない力のある選手を試す最後のチャンスと考えました」とフレッシュなメンバー構成となった背景を明かした。

 また、東京五輪で金メダルという悲願はもちろんのこと、「東京五輪以降にもつながるチームの底上げ」という部分もポイントとして挙げており、「本番をイメージしながら、直接見たいと思って初めて呼ぶ選手や、2020年以降のトップチームでの活躍を期待して経験を積んでほしいと思って招集した選手も呼んでいます」と若手の抜擢についての理由も説明している。

 

侍ジャパン・稲葉篤紀監督


まずは、我々と対戦するために来日してくださる
メキシコ代表の監督・コーチ、選手や
試合の実現に向けて尽力いただいた
関係者の方々に感謝を申し上げたいと思います。

昨年、2018年を私は「試すことのできる年」と位置付けました。
就任以来掲げてきた「スピード&パワー」を実践し、
日米野球ではある程度、手応えを感じることができました。

東京五輪の本番を来年に控えた今年は、
前哨戦である「プレミア12」を見据えながら
チームを作ることをテーマにしました。
このチームを作り上げていく過程で、
本番までに不測の事態や想定外のことが起きる可能性もあると考え、
このメキシコ戦は私の選択肢を増やすためにも、
まだ見ていない力のある選手を試す最後のチャンスと考えました。

“東京五輪以降にもつながるチームの底上げ”
という方針も自分の意見と合致をしていて、
本番をイメージしながら、直接見たいと思って初めて呼ぶ選手や
2020年以降のトップチームでの活躍を期待して、
経験を積んでほしいと思って招集した選手も呼んでいます。

メキシコはMLBオールスターチームと同様に非常に強いチームですが、
今回のメンバーには、国際試合独特の雰囲気の中で
メキシコ相手にどこまで通用するのか非常に楽しみにしたいですし、
しっかりと見ていきたいと思います。


侍ジャパン2019・メンバー


▼ 投手
11 梅野雄吾(ヤクルト) ☆初選出
13 山岡泰輔(オリックス) ※選出経験ありも後に辞退
16 原 樹理(ヤクルト) ☆初選出
17 松永昂大(ロッテ)
19 山崎康晃(DeNA)
21 今永昇太(DeNA)
28 高橋 礼(ソフトバンク)
35 三上朋也(DeNA) ☆初選出
38 森 唯斗(ソフトバンク)
43 山本由伸(オリックス) ☆初選出
52 森原康平(楽天) ☆初選出
90 田口麗斗(巨人)

▼ 捕手
22 小林誠司(巨人)
27 田村龍弘(ロッテ)
62 甲斐拓也(ソフトバンク)

▼ 内野手
1 京田陽太(中日)
2 吉川尚輝(巨人) ☆初選出
3 大山悠輔(阪神)
5 清宮幸太郎(日本ハム) ☆初選出
8 中村奨吾(ロッテ)
25 岡本和真(巨人)
55 村上宗隆(ヤクルト) ☆初選出

▼ 外野手
7 田中和基(楽天)
34 吉田正尚(オリックス) ☆初選出
37 野間峻祥(広島) ☆初選出
51 上林誠知(ソフトバンク)
54 近藤健介(日本ハム)
99 西川遥輝(日本ハム) ☆初選出


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西