ニュース

【オリックス】“平成最終戦”は「ブルーウェーブの72番」を着用へ

平成最後の週末に「ありがとう平成シリーズ」を開催


 オリックスは20日、4月27(土)~29日(祝・月)の西武戦(京セラドーム大阪)を「ありがとう平成シリーズ」と題し、映像・音楽・グルメなどで“平成”を振り返るイベントを開催すると発表した。

 4月27日(土)と28日(日)は「平成元年生まれ」を含むペア100組200名を内野自由席に招待。また、かつてブルーウェーブ、バファローズを率いた仰木彬元監督の誕生日でもある29日(日)は、仰木元監督の通算勝利数「988」に合わせ、ペア988組1977名を内野自由席に招待する。

 同日は監督、コーチ、選手が日本一に輝いた1996年当時のユニフォームを着用。チーム全員が仰木元監督の背番号であった「72番」を背負い、平成最後の試合を戦う。招待や申込みに関する詳細は、決まり次第球団のHPで発表される。


「ありがとう平成シリーズ」概要


【日時】
▼ 4月27(土)~29日(祝・月)西武戦
・27日(土)13:00試合開始(京セラD大阪)
・28日(日)13:00試合開始(京セラD大阪)
・29日(祝)13:00試合開始(京セラD大阪)

【内容】
▼ 27~28日
・“平成元年生まれ”を含むペア100組200名を内野自由席に招待
・その中から抽選で1名様がプレ始球式に登板(28日)

▼ 29日
・ペア988組1977名を内野自由席に招待
・チーム全員が「72番」の日本一当時のユニフォームを着用
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西