ニュース

ラミレス監督、シーズンも「2番宮崎ある」 重量打線が燕小川に先制パンチ

無断転載禁止
1回表にヤクルト先発・小川から先頭打者弾を放ったDeNAの神里

試合は3-3の引き分け


 DeNAの重量打線が20日、ヤクルト先発・小川の立ち上がりを攻め、5本の長短打を絡め初回だけで3点を奪った。

 20日にANA BALLPARK浦添で行われたヤクルトとの練習試合。DeNAは2番・宮崎、3番・ソト、4番・筒香、5番・ロペスという重量打線を組んだ。すると初回、先頭の神里が、小川の2球目を強振。高々と舞い上がった打球は、右翼席に飛び込む先頭打者弾となった。

 これだけでは終わらなかった。2番・宮崎も痛烈な左前打で続くと、3番・ソトは見逃し三振に倒れたものの、続く筒香は痛烈な右前打。この打球を右翼・雄平が後逸する間に、一走・宮崎が長躯ホームインを果たした。

 5番・ロペスも左前打で続き、一死一、三塁から、6番・戸柱のニゴロの間に3点目を加えた。続く細川も投手強襲の安打を放ち、この回だけで5安打。二死一、三塁から8番・倉本は遊飛に倒れたが、初回から打線がつながった。

 ラミレス監督は試合後、「(上位を任せたい)桑原の状態が良くないので9番で楽に打たせたかった」と前置きしたうえで、2番・宮崎の可能性について「(シーズン中も)あり得る」と説明。主力が試合から退いたあとは得点できなかったが、重量打線の見事な先制パンチに表情は明るかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西