ニュース

西武・源田が守備で意識していることとは…

無断転載禁止
西武の源田壮亮
 23日に放送された『高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク』の『守りの名手』というコーナーに、西武の源田壮亮が出演し、守備で意識していることについて語った。

 プロ2年目の昨季、ショートで自身初となるゴールデングラブ賞を受賞した源田。その守備力は球界を代表する高さだ。

 「一歩目だけは、一番集中しています。だいたいそこで決まるんじゃないかなと思います」と一歩目の動きを大事にしているという。

 「練習であれば、打撃練習とかで守備に就いたり、ランナーをやっているときに、ピッチャーが投げた軌道とバッターのスイングと特徴で、インパクトの前に動くというか予測しています」。試合前の練習から意識を高くもって取り組んでいるそうだ。

 「1歩目だけで、1メートルとか守備範囲も変わるんじゃないかなと思っている。そこだけは集中しています」と“一歩目”の重要性について説いていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM