ニュース

広島・堂林、三塁で失策も逆方向弾! 定位置獲りへ「勝負はこれから」

無断転載禁止
広島・堂林翔太

打撃は好調「いい反応ができている」


 広島の堂林翔太内野手が25日、楽天との練習試合(コザしんきんスタジアム)で、チーム唯一の得点となる右越えソロを放った。試合は楽天が4-1で勝利した。

 堂林は「8番・三塁」で先発出場。2回の第1打席は、元同僚・福井の前に空振り三振。5回の第2打席は、左腕・辛島の前に三ゴロに倒れた。それでも0-2で迎えた7回、右腕・古川の真っ直ぐをフルスイング。打球はグングン伸び、右翼芝生席へ着弾した。

 堂林は逆方向弾について「感触はよかった。いい反応ができている」とコメント。それでも前の打席での凡退も含め、「ボール球に手を出したり立ち遅れたり、タイミングが難しい」と反省も忘れなかった。

 今キャンプで再挑戦中の三塁守備では、2回に6番・ウィーラーの痛烈なゴロをファンブル(記録は失策)。「やれることをしっかりやって、1つひとつ、しっかりアウトを取りたい」と前を向いた。

「今やっていることを、これからも変わずにトライしていきたい。勝負はこれから」と背番号7。今後もがむしゃらにアピールを続ける。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西