ニュース

因縁の対決、再び…?金本氏と真中氏が「くじ引きトーク」で今季を展望

無断転載禁止
この2人と“くじ引き”と言えば…

記憶をえぐる演出に笑い


 今季もプロ野球セ・パ12球団の公式戦を徹底放送する『スカパー!』が27日にメディア向けのラウンドテーブルを開催。トークセッションのゲストには元プロ野球監督の金本知憲氏と真中満氏の2人も登場し、今季の注目ポイントについて語った。

 「2019年シーズン プロ野球のココを見ろ!!!」と題して行われたトークショーは、くじ引きで選ばれたトークテーマに沿って2人が注目ポイントを挙げていくという形で進行。この2人とくじ引きといえば、2015年のドラフト会議の“事件”が記憶に新しい。

 大学No.1外野手と評された明治大・高山俊を巡って阪神とヤクルトが1位で競合する形となり、一騎打ちのくじ引きを行ったところ真中監督がすぐさまガッツポーズ。金本監督はがっかりした表情でくじを開くことなく席に戻るも、のちにこれが真中監督の勘違いだったことが発覚。交渉権は阪神に移ったという珍しいやり取りがあった。

 真中氏は「くじ引きスタイルっていうのが、僕にやらせに来てますよね」と笑顔。金本氏も「引いても(質問が)何も書いてないんじゃないですか」と笑ったが、当然ハズレはなくトークが展開された。


アニキが「球界を背負う選手」と期待するのは……


 まずは今季の優勝チームについて、金本氏は「セ・リーグは冷静に戦力を見ると巨人か広島かというところ。パ・リーグは地力があるソフトバンクかな」と語る。

 昨季はリーグ優勝を逃したソフトバンクだが、「優勝した西武は菊池雄星が抜けたというのがやっぱり痛すぎると思う」とし、「もともと不安があるところを打線でカバーして勝ってきましたけど、そこでさらにエースが抜けるわけですから相当な痛手ですよね」と分析した。

 また、パ・リーグの注目選手には日本ハムの清宮幸太郎をピックアップ。「持っている力はある。あとは慣れじゃないかな」とポテンシャルの高さを挙げ、「将来のスーパースターですから。2年目ですけど今年から爆発してもらって、毎日ニュースに出るような選手になってほしい」と期待を寄せた。


 一方、セ・リーグの注目選手には広島から巨人へと移籍した丸佳浩をチョイス。「どれだけ環境に慣れることができるかだけ」とポイントを挙げ、「去年も本塁打を量産しましたから、本拠地が狭くなってどれだけ打つのか楽しみですよね」と昨季大きく成長した長打力を注目ポイントとして挙げた。

 また、開幕カードが広島-巨人戦であることを「実は今日知ったんですよね」と金本氏。「おそらく優勝を争っていく2チームですし、しかも丸の移籍もね。正直、阪神戦より興味ありますよね」と笑いを誘った。


“穴党”の真中氏の優勝予想は……


 続いて、「僕は“穴党”なので」と語る真中氏はセ・リーグの優勝チームをDeNAと予想する。

 「実は去年も推していたんですが、開幕から投手陣にケガ人が続いてしまって出遅れてしまった。今年こそ投手陣が万全の状態で奮起してくれたら、良いところまでいけるんじゃないかなと思っています」と若き投手陣がカギに挙げた。

 一方のパ・リーグは「今年も西武が勝つんじゃないかなと思っています」と連覇を予想。「やっぱり投手力に不安はあると思いますけど、やっぱり打線の力は怖いですから。浅村(栄斗)選手も抜けたんですけど、もう一回打ち勝つ野球で行くんじゃないかなと思います」と述べた。

 より打線がカギになるとあって、注目選手も「山川(穂高)選手ね。昨年はフルシーズンどうかと思っていたらあの成績ですから、今年も同じように活躍してくれれば」と期待。シーズン50本塁打というところを目標に掲げているが、「難しいとは思いますけど、能力的にはそれだけのものを持っていると思いますよ」と太鼓判を押した。


 そして、セ・リーグの注目選手は「根尾(昂)くんと小園(海斗)くん。最初からだと分からないですけど、2人がプロの世界でどれだけ戦えるかどうか。高卒1年目で厳しいとは思いますけど、どれだけ力を発揮できるか注目しています」と語る。

 また、進行役を務めたスカパー!プロ野球アンバサダーの倉持明日香さんから「村上(宗隆)選手はどうですか」とヤクルト注目の若手有望株について尋ねられると、「いや、僕が村上って言ったらいやらしいかなと思って」と笑いつつ、「2年目の選手ですけど、チームの中心になる能力がある選手なのは間違いないです。ヒット1本しか打っていないけど侍ジャパンにも選ばれていますし、本当に今年が楽しみです」


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西