ニュース

岩瀬の引退試合でロッテが衝撃のスタメン…井上・バルガスの1・2番

無断転載禁止
中日・岩瀬仁紀
2019.03.02 14:00
中日ドラゴンズ 1 終了 3 千葉ロッテマリーンズ
ナゴヤドーム

2人あわせて体重247キロ


 ナゴヤドームで14時から行われるオープン戦・中日-ロッテのスタメンが話題を呼んでいる。

 この日は昨季限りで現役を引退した岩瀬仁紀氏の引退試合として行われる一戦。異例の育成契約を結んでマウンドに登る岩瀬は、実に2000年10月8日の広島戦以来という先発登板となるが、迎え撃つロッテはなんと先頭に井上晴哉を置く衝撃のオーダーを組んできた。

 井上の後ろには新助っ人のケニス・バルガスが入るという驚きの1・2番コンビで、3番には鈴木大地が入り、4番は捕手の田村龍弘。1・2番コンビの2人だけで体重247キロという“超重量打線”となった。

 なお、岩瀬のボールを受ける中日のスタメン捕手には、大卒7年目の杉山翔大が入っている。

 発表されたメンバーは以下の通り。


▼ 中日
(遊)京田
(中)大島
(右)平田
(一)ビシエド
(左)アルモンテ
(三)高橋
(指)井領
(捕)杉山
(二)亀沢
P.岩瀬

▼ ロッテ
(一)井上
(指)バルガス
(三)鈴木
(捕)田村
(遊)平沢
(左)加藤
(中)藤原
(右)岡
(二)中村奨
P.ボルシンガー


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西