ニュース

「ジョンソ」「ヘルウェ」「レグナル」…広島助っ投が順調な仕上がり披露

無断転載禁止
広島のジョンソン
2019.03.02 12:30
埼玉西武ライオンズ 1 終了 6 広島東洋カープ
佐賀

“佐賀決戦”は緒方カープに軍配


 西武と広島のオープン戦が佐賀県立森林公園野球場にて行われ、広島が6-1で快勝。西武はオープン戦開幕戦を勝利で飾ることができなかった。

 日本シリーズでは実現しなかったリーグ優勝チーム同士の激突。それも西武を率いる辻発彦監督、広島を率いる緒方孝市監督がともに佐賀出身ということもあり、両指揮官の故郷で行われる昨季のリーグ王者の対戦は開催決定時から大きな注目を集めていた。

 試合は西武・内海哲也と広島のクリス・ジョンソンという両先発の好投で静かに進んでいったが、広島は内海が降板した4回表に2番手・田村伊知郎を攻めたて、「3番・左翼」で先発出場した坂倉将吾の犠飛で先制に成功。その後は7回に3点、8回に2点と得点を挙げて終盤に突き放し、投げては6投手のリレーで強力・西武打線を1点に抑えた。


「ジョンソ」「ヘルウェ」「レグナル」の助っ人リレー


 広島は来日5年目のジョンソンが先発。地方球場のマウンドを気にする仕草も少し見せながら、4回を59球で無失点にまとめるさすがの好投。被安打3に四球と死球が1つずつも2つの三振を奪い、要所を締める投球でスコアボードにゼロを並べた。

 5回からは来日2年目のジョニー・ヘルウェグが登板。昨季途中に加入すると枠の問題などもあってなかなか出番に恵まれなかったなか、最終盤で一軍に昇格すると7試合に登板して防御率1.13と好投。日本シリーズでも4試合に登板して無失点と良いはたらきを見せていた。今季は開幕からのフル回転に期待がかかる右腕だが、二死から金子侑司に四球を与えながら3つのアウトをすべて内野ゴロで奪う危なげない投球を披露。球速も153キロをマークするなど、順調な仕上がりぶりをアピールした。

 そして、6回からは新助っ人のカイル・ レグナルトにスイッチ。今季から加入した30歳左腕も西武の強力なクリーンナップとの対戦ながら、秋山翔吾を変化球で外野フライに打ち取り、山川穂高と森友哉の4番・5番は連続三振に斬る快投。こちらも持ち味である三振奪取力を見せつけている。

 広島の投手陣を見ると、この3人以外にも昨季47試合に登板したヘロニモ・フランスアに新助っ人のケイシー・ローレンスもおり、5人で枠を取り合う大激戦となる。長いシーズンを戦っていくなかで、この強力な助っ人たちをどのように運用していくのかにも注目が集まる。


 また、ここからは完全な余談になるが、この日は先発から3投手続けての“助っ投リレー”となった広島。全員が良いアピールを見せた中、地方球場ならではの“珍現象”も話題になった。

 注目は佐賀県立森林公園野球場のスコアボード。縦書きの電光掲示板は文字数の上限が4文字となっており、先発のジョンソンは「ジョンソ」と表記された。その後も登録名の文字数が5文字の投手の登板が続いたため、スコアボードのピッチャーの欄は「ヘルウェ」→「レグナル」と名前が入りきらないという事象が続いた。

 ちなみに、今季の広島の助っ人の陣容を見てみると、投手ではこの3名以外も「ローレンス」「フランスア」と5文字なので入りきらず。野手はこの日スタメン出場した「メヒア」は3文字で入りきったが、もう一人は「バティスタ」で5文字のため入りきらない。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西