ニュース

ヤクルト坂口、1回表終了後に負傷交代 走塁中に送球が左脇腹を直撃

無断転載禁止
ヤクルト・坂口智隆
2019.03.06 18:00
オリックス・バファローズ 4 終了 5 東京ヤクルトスワローズ
京セラD大阪

ボール直撃も、すぐに起き上がり本塁生還


 ヤクルトの坂口智隆外野手が6日、オリックスとのオープン戦(京セラD大阪)で負傷交代した。

 坂口は「1番・一塁」で先発出場。初回に相手先発・松葉から四球を選ぶと、続く青木の中前打で二塁へ進んだ。一死後、4番・バレンティンの打席で、バッテリーミスに乗じ三塁へ。このとき、捕手・若月の三塁送球が左脇腹を直撃した。

 ボールは坂口に直撃した弾みで、三塁ファウルグラウンドを転々。坂口はすぐに起き上がり先制のホームへ滑り込んだが、苦悶の表情を見せながらベンチへ戻った。ヤクルトはその裏から、坂口に代え荒木を一塁で起用。リードオフマンの状態が気がかりだ。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西