ニュース

DeNA・大和の失策数が増えた原因とは…

無断転載禁止
DeNAの大和
 2日に放送された『高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク』の『守りの名手』というコーナーに、DeNAの大和が出演。17年オフに甲子園を本拠地にする阪神から横浜スタジアムをホームにするDeNAに移籍した。

 移籍1年目の昨季は、名手の大和ではあるが、横浜スタジアムの芝が変わったことも影響したのか11失策と苦しんだ。

 大和も「一番は芝に慣れることですね。芝が新しく変わって、跳ね方、ボールの行き方が変わっていたので、最初はそこにスゴく苦労しました」と話し、「ボールが来なかったり、時にはボールがはねたり、人工芝だから素直に来ることではなく、場所によってボールの動き方が違ったなというイメージです」と難しさについて語った。

 移籍2年目となる今季に向けて、「昨年はエラーの数が多かったですし、ミスはつきものですけど、エラーの数を減らしてチームの勝利に貢献できればなと思います」と決意した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM