ニュース

侍ジャパン、19年初陣は逆転負け 投手陣がリード守れず、攻撃陣は4併殺

無断転載禁止
7回に逆転打を浴びた侍ジャパン4番手の松永(中央)

最後は京田が暴走、4つ目の併殺


 野球日本代表・侍ジャパンは9日、「ENEOS 侍ジャパンシリーズ 2019」でメキシコ代表と強化試合(京セラD大阪)を行い、2-4で敗れた。

 侍ジャパンは初回、1番・上林(ソフトバンク)の中前打などで二死一、三塁の好機を迎えると、5番・吉田(オリックス)の中前適時打で先制。4回は連続四球などで一死一、二塁とし、8番・甲斐(ソフトバンク)が右前適時打で2-0とリードを広げた。

 投げては先発の今永(DeNA)、2番手・山岡(オリックス)が、それぞれ2回を1安打無失点と好投。しかし2-0で迎えた6回、2イニング目となった3番手・高橋(ソフトバンク)が、二死から四球と連打で1点を返されると、7回は4番手・松永(ロッテ)が2連続適時打を浴び、2-3と逆転された。

 8回にも5番手・梅野(ヤクルト)が、メキシコの4番・メネセス(オリックス)に4安打目となる二塁打を浴びピンチを招くと、かつてロッテや巨人などでプレーした6番・クルーズに、2点差となる適時二塁打を許した。

 攻撃陣は5回以降ゼロ行進。8回までに3併殺を喫するなど拙攻が目立った。2点を追う9回も一死一、二塁の好機を作ったが、1番・上林が右飛に倒れると、三塁を狙った二塁走者とともに、一走・京田(中日)も二塁へタッチアップ。しかし、これがタッチアウトとなり、最後も併殺でゲームセットとなった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西