ニュース

侍ジャパン原樹理、2回1安打無失点の好投 遊撃・吉川尚が好守備で援護

無断転載禁止
メキシコとの強化試合第2戦に先発した侍ジャパンの原樹理

シュートが冴え、凡打の山を作る


 侍ジャパンの原樹理投手(ヤクルト)が10日、メキシコ代表との強化試合第2戦(京セラD大阪)で、2回1安打無失点の好投を見せた。

 原は初回、1番のI.ロドリゲスにいきなり3ボールとしたが、そこからフルカウントまで持ち込み最後は遊ゴロに仕留めた。二死から3番のV.メンドーサに左前打を許したものの、第1戦で4打数4安打の4番・メネセス(オリックス)は中飛に退けた。

 5点リードとなった2回は、武器であるシュートが冴え、5番・フアレスは三ゴロ。6番のB.エルナンデスは遊飛。最後も7番・ペレスを詰まらせ、難しいハーフバウンドの遊ゴロを吉川尚が華麗に処理した。

 原は2回27球を投げ、1安打無失点と好投。遊撃・吉川は2回までに4つの打球を処理し、原の好投をアシストした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西