ニュース

大山が死球で途中交代…侍・稲葉監督「打撲という報告」

無断転載禁止
3回裏、左足に死球を受けた侍ジャパンの大山(阪神)

左足に死球


 侍ジャパンの大山悠輔選手(阪神)が10日に行われたメキシコ代表との強化試合に「6番・サード」で先発。第2打席に死球を受けて途中交代となったが、「トレーナーからは打撲という報告を受けている」とコメント。あす「球団のトレーナーに見てもらう」ことを明かした。


 大山は第1打席で四球を選ぶと、すかさず盗塁。得点圏に進むと、8番・田村龍弘の中安打で5点目のホームを踏んだ。しかし、3回に訪れた第2打席で左足に死球を受け、大城と入れ替わる形で途中交代していた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西