ニュース

ヤクルト・梅野の投球に小川監督「今までで一番良かった」

無断転載禁止
ヤクルト・梅野雄吾(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.03.12 13:00
千葉ロッテマリーンズ 0 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
ZOZOマリン
 9日と10日に行われた『ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本-メキシコ戦』の侍ジャパンの一員として参加したヤクルトの梅野雄吾は12日、ロッテとのオープン戦にリリーフ登板し1回を無失点に抑えた。

 4点リードの9回から登板した梅野は先頭の香月一也をストレートで簡単に追い込むと、0ボール2ストライクから投じた4球目のフォークで空振り三振。続く平沢大河を152キロのストレートで一ゴロで仕留め、鈴木大地を左飛に打ち取った。

 危なげないピッチングで1イニングを無失点に抑えた梅野の投球に小川監督は「良かったね。今までで一番良かったんじゃないの」と満足げだった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM