ニュース

燕ドラ8・吉田が適時二塁打 小川監督「いいバッティングだった」

無断転載禁止
ヤクルトの吉田大成
2019.03.12 13:00
千葉ロッテマリーンズ 0 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
ZOZOマリン
 ヤクルトのドラフト8位ルーキー・吉田大成が12日、ロッテとのオープン戦で適時二塁打を放った。

 『9番・ショート』でスタメン出場した吉田は、3回無死一、三塁で回ってきた第1打席。「チャンスだったので、積極的に打ちにいきました」。ロッテの先発・涌井秀章の直球を捉えると、打球はフェンス直撃の二塁打となった。

 小川監督は吉田の適時二塁打に「いいバッティングだった。キャンプから対応力が良いと見ていたのでね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM