ニュース

【別府大平山少年野球部】日本を代表する名遊撃手が育った少年野球チーム(前編)

無断転載禁止
今宮監督は守備を優先したチーム作りを行なう。

「少年野球にDH制はありませんからね。もちろんバットを振ることは大事なこと。しかし、試合中に一番大変な思いをしている投手が、必死になって打ち取った球はしっかりとアウトにしてあげないと」

チャッチボールを行う大平山少年野球部の子どもたち

そうした今宮監督の教えを受けて育った息子・健太は、日本を代表する守備の名手に成長した。また、プロ野球界きってのスター選手を「近所の健太くん」という身近な憧れとして感じている子どもたちも、高い目標意識を持ってチームの強化と個の能力アップに集中できる。チームの強さを形作る上で、「近所の健太くん」は欠かせない存在なのだ。

今宮監督はまもなく指導27年。その間にはプロ野球選手が育ち、大分県でナンバーワンになることもできた。今後、チームはどういった道を進んでいくのか。

「とにかく大きなことは望みません。子どもたちが今まで以上に野球を好きになってくれるように、我々大人の指導者が共通の意思を持って指導にあたっていくだけです。その結果、野球を始めてくれる子どもの数がひとりでも増えたら最高ですね」(取材・撮影:加来慶祐)

 

 

「チーム紹介」関連記事



ツイート シェア 送る

もっと読む

連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS