ニュース

野球ギアの達人が教える!これから軟式野球デビューするお子さんにおすすめの「アイテム」

無断転載禁止
――グローブやバット、スパイク以外に、野球を始める時にあわせて購入しておいた方がいいアイテムなどはありますか?
清水「新年度からボールが『M(J)号球』に変わることもあり、硬さや打球の速度が以前より上がると予想されます。
軟式から硬式野球へという次のステップへ移行しやすいのはいいことだと思いますが、心配するのはやはりケガの増加ですね。
少年野球だからといって甘くみるのではなく、小さい頃から防具を付ける習慣が大切だと思います」。

――確かにケガが原因で野球を嫌いになってほしくはないですね。
清水『ローリングス』の【エルボーガード】(定価2,900円+税)は個人で持つというより、チームで2、3個用意したほうがいいと思います。
特に右投げ左打ちのお子さんは、ボールを投げる方の右ひじにボールが当たると満足にプレーすることができなくなってしまうので絶対に付けるようにしてほしいですね」

『ローリングス』の【エルボーガード】(定価2,900円+税) 

――防具以外では何かオススメのアイテムはありますか?
「守備用手袋は捕球時の痛みを緩和するのもありますが、大切なグローブを守る役目もあります。
グローブは内側の部分が手汗でカピカピになってしまったら、いくら職人でも直すことができません。
高価なグローブを少しでも長く、大切に使う上でも『ミズノ』の【守備用手袋】(定価1,500円+税)は最低2枚持っておいて欲しいアイテムですね」

 『ミズノ』の【守備用手袋】(定価1,500円+税) 

――バッティング手袋でオススメはありますか?
清水「手前味噌になりますが『ベースマンオリジナル』の【バッティング手袋】(3,800円/税込)は手洗いも可能ですし、ダブルベルト式ですので着脱が楽ですのでオススメです。
昔は手にマメを作ることが美徳のように思われていましたが、痛みを感じて野球を嫌いになってほしくないですから、こういったアイテムが実は重要なんですよね。
守備用手袋もバッティング手袋も家に帰ってお風呂に入るときにつけて、そのままボディーソープで洗って干してくれても大丈夫ですので、お手入れも楽なんですよ」

『ベースマンオリジナル』の【バッティング手袋】(3,800円/税込)

――お風呂に入るついでに洗うというのは確かに楽でいいですね。
清水「もう一つ紹介したいのが『オプティアル』の【ソイプロテイン】(定価6,000円+税)です。
プロテインを敬遠する親御さんもいるかと思いますが、これは筋肉をつけるのではなく疲労回復をメインにした大豆ベースのプロテインになっています。
食事で補えない栄養を補うために飲んでほしいです。
味も美味しいですし、仕事で疲れたお父さんにも一緒に召し上がっていただけます」

 『オプティアル』の【ソイプロテイン】(定価6,000円+税)
(取材:細川良介/写真:編集部)

次回は「中学で硬式野球を始めるお子さん向けの「グローブ」の選び方」をお届けします。

野球ギアの達人が教える!シリーズ2019冬

・野球ギアの達人が教える!これから軟式野球デビューする小学生向け「グローブ」の選び方(2/13)
・野球ギアの達人が教える!これから軟式野球デビューする小学生向け「バット」の選び方(2/14)
・野球ギアの達人が教える!これから軟式野球デビューする小学生向け「スパイク」の選び方(2/19)
・野球ギアの達人が教える!これから軟式野球デビューする小学生におすすめの「アイテム」(2/21)
・野球ギアの達人が教える!中学で硬式野球を始めるお子さんにおすすめの「グローブ」(2/25)
・野球ギアの達人が教える!中学で硬式野球を始めるお子さんにおすすめの「バット」(2/26)
・野球ギアの達人が教える!中学で硬式野球を始めるお子さんにおすすめの「スパイク」(2/27)
・野球ギアの達人が教える!中学で硬式野球を始めるお子さんにおすすめの「アイテム」(2/28)


「野球ギア」関連記事

ツイート シェア 送る
連載・コラム
カラダづくり
練習
お役立ち
チーム紹介
TOPICS