ニュース

日本ハム・石川直、HRキングに痛恨被弾…逃げ切り失敗で引き分け

無断転載禁止
9回に同点3ランを放ったアスレチックス・デービス

小技絡めて6得点も一発に泣く


 日本ハムは18日、アスレチックスとプレシーズンゲームを行い、結果は6-6の引き分け。7番手・石川直也が勝利寸前に痛恨の一発を浴び、1敗1分けでMLB開幕シリーズを終えた。

 日本ハム打線は犠打と盗塁を絡めてアスレチックスに攻め込んだ。1点ビハインドの3回、ヒットで出塁した郡拓也を中島卓也が犠打で送ると、その後の敵失で同点。試合をふり出しに戻すと、5回にはエラーで出塁した浅間が初球に二盗を成功させ、直後の郡の犠打で三進。中島のスクイズで勝ち越しのホームを踏んだ。

 1点リードの6回には、この日2三振を喫していた5番・王柏融が詰まりながらも右翼線に落とす適時二塁打をマーク。7回は四球を挟んで3連打が飛び出し、リードを4点に広げる。投げては先発の斎藤佑樹から合計6人の投手リレーで8回までアスレチックス打線を2点に抑えていたが、9回にマウンドに上った7番手・石川直也が捕まってしまう。

 先頭の8番・ロレアノに中安、続くフェグリーに死球を与えると、二死までこぎつけるもバッテリーミスで3点差に迫られる。さらに四球で一・二塁とされると、4番・デービスに初球のカーブをレフトスタンドに運ばれた。

 昨季のア・リーグ本塁打王に痛恨の同点3ランを許し逃げ切りに失敗。抑え候補でもある若き右腕がまさかの4失点で、第2戦は引き分けに終わった。


【東京D】日本ハム 6-6アスレチックス
A|010 000 104|6
日|001 012 200|6


▼ アスレチックス・スタメン
(左)グロスマン
(三)チャプマン
(一)オルソン
(指)デービス
(右)ピスコッティ
(二)プロファー
(遊)セミエン
(中)ロレアノ
(捕)フェグリ-
P.アンダーソン

▼ 日本ハム・スタメン
(中)西川
(右)大田
(三)近藤
(一)中田
(指)王柏融
(二)杉谷
(左)浅間
(捕)郡
(遊)中島
P.斎藤

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西