ニュース

“ブルペンデー”の巨人、一発攻勢に沈むも指揮官は期待

無断転載禁止
戸根がスライダーでイチローから見逃し三振を奪う

キング攻略も逆転負け


 巨人は18日、マリナーズとのプレシーズンゲームに臨み、終盤の一発攻勢で逆転負け(5-6)。2連敗でMLB開幕シリーズを終えた。

 この日の巨人は、3回に敵失で先制するも、4回に2番手坂本工が連打を浴び3失点。逆転を許してしまうが、直後の4回裏に打線が相手先発のフェリックス・ヘルナンデスを攻略した。

 丸佳浩と岡本和真の連続ヒットで無死一・二塁のチャンスを作ると、5番亀井善行も左前適時打で続き1点差。さらに一死満塁からこの日先発に抜擢された8番田中俊太が左中間へ逆転2点適時打。「チームにとっても非常にインパクトのある打席になった」と指揮官も若武者の逆転打を評価した。

 しかし4回以降は追加点を上げられず、終盤に入り若きブルペン陣が捕まった。7回に4番手の桜井俊貴がハニガーに看板直撃の同点2ランを浴びると、8回には左腕・中川皓太がフレイタスに決勝ソロ弾を許した。

 今季からリリーフ陣の若返りを図る中で臨んだ“ブルペンデー”。指揮官も「一発というパワフルなバッティングを止められないというところに壁がある」と“力”でひっくり返された展開に言及したが、先発の大江竜聖は2回を無失点。3番手の戸根千明はマリナーズ打線に捕まった坂本を好リリーフし、今季からリリーフ転向となる吉川光夫は9回を三者凡退で締めるなど収穫もあった。

 原監督も今季のブルペン運営については「昨年にはいなかったメンバーがほとんどと言っていい。そういう意味では若いブルペン陣ということになるが、大きな期待を持ってペナントレースに向かいたい」とシーズンへ向けて前向きな姿勢を示した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西