ニュース

ヤクルトのベテラン勢が存在感 青木&バレが本塁打、坂口は2安打

無断転載禁止
ヤクルト・青木宣親
2019.03.19 13:00
東京ヤクルトスワローズ 3 終了 4 広島東洋カープ
神宮

初回、広島先発・野村に襲い掛かる


 ヤクルトは19日、広島とのオープン戦(神宮)に3-4で敗れたが、ベテラン勢が存在感を示した。

 先発・ブキャナンが2点を先制された直後の1回裏、まずは1番・坂口が、相手先発・野村から左前打を放ち反撃の口火を切った。2番・青木は、野村が投じた3球目を強振。打球は右翼席へ飛び込む2ランとなり、打者ふたりで2-2の同点に追いついた。

 さらに一死後、走者なしの場面で、4番・バレンティンが初球のカーブをフルスイング。打球はバックスクリーン横へ飛び込む逆転弾となった。興奮冷めやらぬ中、5番・雄平も痛烈な右前打で出塁。これは得点につながらなかったものの、昨季2位の立役者たちが、初回から野村に襲い掛かった。

 再び1番から始まった3回も、坂口が中前打を放ったあと、続く青木は四球でつないだ。ふたりは3番・山田哲の打席でダブルスティールを敢行。ここは相手捕手・石原の好判断で青木が二塁タッチアウトとなったが、積極的な姿勢を見せた。

 今年はキャンプ中の実戦から、塩見、村上、広岡ら、若手のアピールが目立っていたヤクルト。この日、その若手に目立った活躍はなかったものの、実績十分なベテラン勢が順調な仕上がり具合を披露した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西