ニュース

マリナーズ、日本で開幕2連勝! イチロー笑顔、菊池5回途中2失点

無断転載禁止
決勝のホームを踏んだゴードン [Getty images]
● アスレチックス 4 - 5 マリナーズ ○
<日本時間3月21日 東京ドーム>

 MLB開幕シリーズ・第2戦が行われ、マリナーズが延長12回の接戦を制し開幕2連勝をマークした。メジャーデビューを果たした菊池雄星投手は、初勝利こそ逃したものの5回途中2失点(自責点1)と好投。「9番・右翼」で出場したイチロー外野手は、4打数無安打で8回裏の守備からベンチに退いた。

 デビュー戦の菊池は立ち上がりから落ちついた投球。初回をテンポよく3者凡退に抑えた。2点の援護をもらった2回裏は、先頭の4番・デービスを四球で歩かせたものの、続くピンダーを空振り三振に仕留めるなど、この回もゼロを刻んだ。

 3-0の3回裏は、初被安打と暴投で無死二塁としたものの、ここも後続を落ち着いて退け0封。4回は3番から始まる中軸を3者凡退に仕留め4回までゼロを並べた。勝利投手の権利がかかる5回は、6番・オルソン、7番・プロファーに連打を浴び無死一、二塁のピンチを招いたが、ここでも右打者の内角を強気に攻め、8番・ラウレアーノは詰まった遊直、9番・フェグリーは右飛に退けた。

 二死後、1番・セミエンも追い込んだが、フルカウントから中前適時打を許し1点を返された。白星まであと一人という状況だったが、球数が91球だった菊池はここで降板。サービス監督は試合前、投球数は「85球~90球」と明言していた。

 代わったエリアスがバックの失策で失点し、菊池に2失点目が記された。それでも5回途中91球を投げ、4安打3奪三振1四球の内容。2失点目は失策のため自責点は1で、防御率は1.93となった。

 マリナーズ打線は2回、8番・ヒーリーの1号2ランで先制。その後も2番・ハニガーの1号ソロ、3番・ブルースの左犠飛で加点した。同点で迎えた12回は、併殺崩れの間に決勝点。12回までもつれた熱戦を制した。

 イチローは三邪飛、ニゴロ、見逃し三振、遊ゴロと4打数無安打。8回裏に交代する際は、ファンから割れんばかりの大きな拍手を送られた。試合後は笑顔でナインとハイタッチ。このあと緊急会見が行われる。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西