ニュース

井端氏が語った国際大会での守備の重要性

無断転載禁止
現役時代の井端弘和氏
 16日に放送された『高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク』の『侍ジャパンプレーヤー』というコーナーに、侍ジャパンで内野守備走塁コーチを務める井端弘和氏が出演し、国際大会での守備について語った。

 井端氏は「前回のWBCのときもそうですし、五輪のときもそうですけど、失策が点に絡んでいる。国際試合は派手さよりも堅実さを求めて選手はやってもらいたい」と代表選手たちに確実性を求めている。

 「上手いのはわかっているので、より堅実にやってもらうことを意識してもらいたい。オランダ戦の菊池選手のようなプレーは本当にありがたいですけど、ああいうプレーにプラスアウトに取れるところは確実にプレーしてもらいたいと思います」。

 井端氏が話したように、過去の国際大会を振り返っても、1つの守備のミスが失点に繋がり、それが敗戦になったというケースもある。それだけに、確実に捕れる打球を1つずつアウトにすることが、国際大会では非常に重要になってくるといえそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM