ニュース

ソフトバンクにアクシデント デスパイネが死球受け交代

無断転載禁止
ソフトバンク・デスパイネ(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.03.23 13:00
福岡ソフトバンクホークス 5 終了 2 広島東洋カープ
ヤフオクドーム

九里の初球が左膝付近を直撃


 ソフトバンクのデスパイネ外野手が23日、広島とのオープン戦(ヤフオクD)で死球を受け、ベンチへ退いた。

 デスパイネは「4番・指名打者」で先発出場。初回、一死一、二塁の好機で広島先発・九里と対峙し、初球の内角球が左膝付近に当たった。デスパイネは自力で立ち上がったものの、足を引きずりながらベンチへ。工藤公康監督は代走に栗原陵矢捕手を送った。

 ソフトバンクは同日、中村晃外野手が、自律神経失調症の診断を受けていたことを発表した。開幕前に主力にアクシデントが続いている。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西