ニュース

星稜のエース・奥川が毎回17奪三振!「押し引き」で圧巻の完封劇

無断転載禁止
星稜・奥川=甲子園 (C)Kyodo News
第91回選抜高等学校野球大会
● 履正社(大阪) 0 - 3 星稜(石川)○
<1回戦 3月23日>

 23日に開幕した第91回選抜高等学校野球大会の大会1日目。大会屈指の好カードとして注目されていた初日第3試合は、世代屈指の好投手・奥川恭伸を擁する星稜(石川)が履正社(大阪)を3-0で下し、初戦突破を決めた。

 先攻の星稜は初回、ヒットと四球で二死一・二塁のチャンスを作ると、奥川の女房役でもある5番・山瀬が左前適時打。エースがマウンドに上がる前にバットで援護した。

 リードした状態で先発マウンドに上がった奥川は、初回からエンジン全開。最速151キロの速球で履正社打線を圧倒した。ストレートに食いつく素ぶりを見ると、スライダーにフォーク、チェンジアップと多彩な変化球を操り、奪三振ショーを展開。「押し引きができてピッチングができた」と自らの投球内容にも手応え十分だった。

 2点リードの8回には味方守備のミスもあり、二死一・二塁のピンチを迎えるも、146キロの速球で空振り三振。力でねじ伏せ、無失点で切り抜けた。9回にも見逃し三振をマークした奥川は毎回の17奪三振を奪い、9回3安打で完封。圧巻の投球でチームを初戦突破に導いた。

 履正社はエース・清水が8回2失点と粘投を見せるも、奥川の前に打線が沈黙。9回に四球とヒットで一死一・三塁と反撃の姿勢を見せたが、攻め込むもう一本が出なかった。


▼ 奥川恭伸・投球結果

1回:見振、三ゴ、空振
2回:ニゴ、見振、空振
3回:右安、投飛、空振、空振
4回:投ゴ、空振、空振
5回:空振、三ゴ、空振
6回:三ゴ、空振、二飛
7回:空振、一ゴ、見振
8回:空振、空振、二安、三失、空振
9回:四球、見振、右安、投併

▼ 奥川恭伸・投球成績
投球回:9回
投球数:130球
奪三振:17個
被安打:3本
与四死:1個
失 点:0点

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西