ニュース

西武投手陣にまたアクシデント…ドラ1・松本が「肺炎」で療養へ

無断転載禁止
西武のドラ1ルーキー・松本航 (C) KYODO NEWS IMAGES

開幕直前にドラ1が…


 西武は24日、ドラフト1位右腕の松本航投手(22)が23日に所沢市内の病院で検査を受け、「軽い肺炎」と診断されたことを発表した。今後は完治するまで療養する。

 今季の西武は榎田大樹、内海哲也が相次いでコンディション不良で離脱。開幕投手を務める多和田真三郎も、すでに復帰はしているものの「扁桃炎」に見舞われた。

 松本も首脳陣から「開幕ローテ入り」を明言されていた期待の存在だったが、開幕を5日後に控えた状況で先発陣に新たな離脱者が生まれてしまった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西