ニュース

若松氏、阪神ドラ1・近本は「持っている感じ」

無断転載禁止
阪神・近本光司
2019.03.29 18:00
阪神タイガース 2 終了 1 東京ヤクルトスワローズ
京セラD大阪
○ 阪神 2x - 1 ヤクルト ●
<1回戦・京セラD大阪>

 阪神のドラフト1位ルーキー・近本光司が、6回の第3打席でプロ初安打となる適時三塁打を放った。

 0-1の6回二死一塁の第3打席。ヤクルトの先発・小川泰弘が投じた初球のチェンジアップを捉えると、右中間を破る貴重な適時三塁打となった。さらに1-1の延長11回一死三塁の打席中に、石山泰稚が投じたボールが暴投となり、三塁走者の代走・江越大賀が生還しサヨナラ勝ち。

 29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 阪神-ヤクルト戦』で解説を務めた若松勉氏は「今日の2アウトからの三塁打、それとサヨナラ。近本は持っている感じですね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM