ニュース 2019.03.30. 17:20

阪神投手陣が2回から無安打リレー!“虎の子”の1点守り抜き開幕2連勝

無断転載禁止
阪神・岩貞祐太
2019.03.30 14:00
阪神タイガース 1 終了 0 東京ヤクルトスワローズ
京セラD大阪

先発の岩貞が7回途中無失点


○ 阪神 1 - 0 ヤクルト ●
<2回戦・京セラD大阪>

 阪神がヤクルトとの投手戦を1-0で制し、開幕2連勝。阪神の先発・岩貞祐太投手が6回1/3(112球)を投げ、1安打無失点の好投で今季初勝利を手にした。

 岩貞は初回、二死無走者からヤクルトの3番・山田に左二塁打を許すも、続くバレンティンを中飛に打ち取り無失点で切り抜けることに成功。するとここから直球を軸に無安打ピッチングを展開し、チェンジアップ、カーブを見せながらヤクルト打線を翻弄した。

 3回には一死から3連続四球で満塁のピンチを迎えたが、4番・バレンティンを一飛、5番・塩見を速球で空振り三振に斬り、ここも無失点。7回の先頭・村上宗隆を速球で空振り三振に打ち取ったところでお役御免となった。

 打線は初回に3番・糸井が今季のチーム第1号本塁打となるソロ弾を放って以降、追加点をあげることはできなかったが、ブルペン陣が奮闘。岩貞の後を受けた桑原、ジョンソンが“完全リレー”でつなぎ、最後はドリスが締めて今季初セーブをマークした。

 結局、阪神投手陣がこの日許した安打は初回の山田による二塁打のみ。2回以降は無安打に抑える完封リレーを展開し、虎の子の1点を守りきった阪神が開幕2連勝を飾った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西