ニュース

DeNAのドラフト下位コンビが躍動 8位・楠本2安打、9位・佐野サヨナラ打

無断転載禁止
9回に代打でサヨナラ打を放ち、チームメートから手荒い祝福を受けるDeNA・佐野(中央)=横浜(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.03.31 13:00
横浜DeNAベイスターズ 3 終了 2 中日ドラゴンズ
横浜
○ DeNA 3x - 2 中日 ●
<3回戦・横浜スタジアム>

 DeNAがサヨナラ勝ちし、中日との開幕カードに2勝1敗で勝ち越し。ドラフト下位指名で入団した佐野恵太内野手と楠本泰史外野手が、サヨナラ劇の立役者となった。

 DeNAは初回、6番・梶谷の2点適時二塁打で先制。先発・井納は5回1失点と好投したが、1点リードの6回、2番手・エスコバーが同点ソロを浴びた。それでも2-2のまま迎えた9回に打線が奮起。8番・大和の安打と代打・嶺井の犠打で一死二塁とすると、この試合1番に入った楠本が、痛烈な中前打でつないだ。

 一死一、三塁と好機は広がり、打席には代打・佐野。中日4番手・小熊の4球目を叩いだ打球は、三遊間を破るサヨナラ打となった。佐野は同僚の手荒い祝福を受けたあと、勝利投手の山崎とともにお立ち台へ。「試合を決めることができてよかった。自分で決めてやると思って打席に入りました」と笑顔で振り返った。

 打撃好調なドラフト下位コンビ。佐野は2016年のドラフト9位、楠本は2017年の同8位で指名され入団した。楠本は開幕戦から3試合連続でスタメンに名を連ね、早くも2度目となるマルチ安打を記録。佐野は今季初打席で2点適時二塁打を放った開幕戦に続き、代打で2戦連続の適時打。それぞれバットで輝きを放ってる。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西