ニュース

ヤクルト・高梨、6回1失点で移籍後初白星 阪神・西は7回2失点で初黒星

無断転載禁止
ヤクルト・高梨裕稔
2019.03.31 14:00
阪神タイガース 1 終了 2 東京ヤクルトスワローズ
京セラD大阪
● 阪神 1 - 2 ヤクルト ○
<3回戦・京セラドーム大阪>

 ヤクルトが接戦を制し今季初勝利。昨オフ、日本ハムからトレード加入した先発・高梨が、6回1失点の好投で移籍後初勝利を手にした。

 高梨は球威のある直球を軸に、3回まで無安打投球。4回に連打を浴びピンチを招いたが、犠飛による1失点で凌いだ。6回はこの試合3度目となる3者凡退締め。6回100球、3安打7奪三振1失点の好投で、移籍後初勝利と同時にチームに今季初勝利をもたらした。

 打線は初回、開幕から当たりのなかった4番・バレンティン、5番・雄平が、連続で適時二塁打を放ち2点を先制。その後、追加点は奪えなかったが、この日も投手陣が力投。7回以降は梅野、近藤、石山が無失点リレーでつなぎ、最後を締めた石山は今季初セーブをマークした。

 対する阪神先発・西も、7回4安打2失点と好投。2回以降はほぼ完ぺきな投球を披露したが、打線の援護なく移籍後初黒星を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西