ニュース

西武・ニールの粘投を打線が援護!“女房役”森が2安打4打点、山川は本拠地初ドスコイ

2019.04.02 18:00
埼玉西武ライオンズ 7 終了 4 千葉ロッテマリーンズ
メットライフ
○ 西武 7 - 4 ロッテ ●
<1回戦・メットライフドーム>

 福岡で開幕3連敗を喫した西武が本拠地開幕戦でロッテに快勝。連敗を3でストップさせ、今季初白星を手にした。

 オープン戦でロッテ打線に捕まった西武の新外国人投手ニールが、本拠地開幕戦に登板。2回には3連打で一死満塁のピンチを背負ったが、9番・藤岡、1番・藤原を打ちとって窮地を脱すると、3回、4回、5回はゴロの山を築いて3イニングスを打者9人で終えるなど好投。続く6回は、ヒットと四球で再び走者を背負いリリーフ陣にマウンドを託す形となり2点を失ったが、粘り強いピッチングで試合を作った。

 一方の打線は3回、1番・金子侑が中前安打で出塁すると、続く源田壮亮がライトへ適時二塁打を放って先制に成功。続く4回には、この回先頭の山川穂高が本拠地初ホームランとなる3号ソロなどで2点を加えた。さらに5回、無死満塁で打席が回ってきた森友哉が粘りながらも「三振が一番良くないと思って食いつきました」と振り返った打球がライト前への適時打となってロッテの先発・涌井秀章をノックアウトした。

 森は2点を返されて迎えた6回裏にも、適時二塁打を放つなど、2安打4打点の活躍でチームの今季初勝利に貢献し、ニールに来日初勝利をプレゼントした。試合後、西武の辻発彦監督は「山川の後ろを打つ森が重要」と話し、山川が四死球で出塁した直後に適時打を放った森のさらなる活躍に期待を寄せた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西