ニュース

中日今季初の勝ち越し、快投ロメロ初勝利 広島は2カード連続負け越し

無断転載禁止
中日・ロメロ=ナゴヤドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2019.04.04 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 2 広島東洋カープ
ナゴヤドーム
○ 中日 3 - 2 広島 ●
<3回戦・ナゴヤドーム>

 中日は2勝1敗で今季初のカード勝ち越し。新外国人の先発・ロメロが、6回2安打無失点の快投で来日初勝利を手にした。広島は2カード連続の負け越し。9回に反撃したがあと一歩及ばなかった。

 ロメロは初回から安定した投球。2回、3回はいずれも3者凡退で終えるなど、快調にゼロを並べた。1点リードの5回は相手先発・岡田に四球を与えピンチを招いたが、1番・田中を左飛に仕留め勝利投手の権利をゲット。6回も無失点で終え、計101球、3安打5奪三振無失点の快投で初勝利を手にした。

 打線は2回、5番・福田の1号ソロで先制。6回も2番・京田の1号ソロで2点目を加えたあと、さらに相手バッテリーミスの間に貴重な3点目を加えた。7回以降は又吉、ロドリゲスが無失点リレー。3点リードの9回に鈴木博が2点を失ったが、リードを守り2セーブ目をマークした。

 広島は3点を追う9回に2点を返したが、前節の巨人戦(1勝2敗)に続き2カード連続の負け越し。先発の岡田は6回途中3失点で黒星スタートとなった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西