ニュース

川相氏、巨人・高橋の犠打失敗に「バントをすることも仕事」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める川相昌弘氏
 巨人のドラフト1位ルーキー・高橋優貴が4日の阪神戦で、6回4安打1失点に抑えプロ初勝利を挙げたが、打撃ではバントミスが相次ぎ課題を残した。

 3-0の無死一塁の第1打席、阪神の先発・浜地真澄が投じたカットボールにバントを試みるも空振り、2球目はカットボールをファウル。3球目もバントを決められず空振り三振に倒れた。続く4回一死一塁の第2打席も、バントの構えをするも見逃し三振に終わった。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた川相昌弘氏は「こういうところでもキッチリバントをして、チームのためでもありますけど、自分自身のため。ランナーをセカンドに送って、1番バッターを迎える。ピッチャーは投げることと、打席でしっかりバントをすることが仕事ですから」とバントの大切さ、1点の重要性について語った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM